2010年05月17日

世界遺産劇場・石舞台

わたしの能力では彼の言葉が歪みそうで怖いので、細かい語りについては飛ばします。

舞台中央奥に『時空』(曼陀羅)が掛けられているだけのシンプルなステージ。
曲は、殆どアレンジを変えてきた気がします。
あと、一曲歌い終わるごとに「ありがとうございました」というのと、そのままMCが続いたような。

最初は普通に下手から登場、真ん中で一礼してキーボードへ。
少し前髪が長めで左分け。眉毛あり・髭なし。
黒地に朱雀の羽根の絵が書いてあるジャンパー?に白いパンツ。前ポケット部分にラメ入り。

♪時空

剛のキーボードで静かに始まり、途中から他の楽器の音が重なっていく感じが素敵でした。

♪Love is the Key

アレンジ違いました。
あれ?ギターって持ってたっけ?

♪歴史

これもアレンジ変えてきました。
より大人っぽい感じに。

♪空がなくから

残念、雷は鳴らなかったよ。
MCで飛鳥の神様に雷だけ鳴らしてとお願いしてたのだけど無理でしたね。
レーザーで?龍の絵?を描いていたようですが、彼をガン見では気づかず(笑)。

♪ソメイヨシノ

それにしても、歌うまーい!!(何を今更)
周りの木をピンクのライトで照らしたりして幻想的。

♪空 〜美しい我の空

やっぱり、シングルになる曲って力があるんだなあ、とぼんやり。
彼が歳を取るほど説得力が増すんだろうな…と。

♪春涙

彼のラジオでファン投票一位とか。
わたしは、それほど好きでは…ゴニョゴニョ…なのですが、今回ちょっと良かったです。
なんだろう?わたし自身の心の変化なのか、↑に書いた説得力なのか…。

♪PINK

好きで大切な歌と言ってました。久々に聴いたら良かったと。
わたしは、これが聴けただけでも飛鳥まで来た甲斐があったと思いました。

♪Say Anything

愛は与え続けるもの。

♪音楽を終わらせよう

降りてくる言葉がすごかった。
やっぱり、いろいろな意味で選ばれた人だと。

飛鳥に行って本当に良かったと思ったのは、彼の一生を賭けて目指したいものが明確にわかったこと。
正直いうと、物凄く難しいぞと思うけれど、彼がそういうなら(わたしが飽きるまで)見守りましょうという気にさせられました。
前に進んで行こうとする限り、飽きることはないと思いますが(笑)。

赤いスニーカーを履いた人たちがあまりにも多く、最後の挨拶で面白がってました。
上手→下手→真ん中で手を振り礼。両手を口に、投げkiss?と思いきや投げず。
キャーって言い損ねたじゃないか(笑)。

彼は、ファンのブログやツイッターも覗いているらしく、これも面白がってました。

とりあえず、こんなところでUPします。
posted by hopper at 01:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。