2011年03月20日

答えはきっとこころのなかに

13日の昼のお話し。
友人たちへの報告したものですが、こちらにも残しておきます。
(少し変えたり補足してるけど)

13日のお昼は、今期2度目の帝劇詣ででした。
今年はふたりの活動も期待できるし、不景気だし(←これ重要)、10年間それなりの回数観てきたSHOCKはできるだけ観るのを我慢しようと思って。
わたしみたいなヤツは、何度観たってますます観たいだけでキリがないので(-.-;)
なので、2月初旬に観て以来で、いつもより楽しみにしていたの。

開演時間になっても始まらず…すると、緞帳前につ○こさんが…。

私が出てきたということは、お分かりかと思うのですが、と前置いて、急遽中止になったと。
光一も、関西大震災のときにご家族が関西にいらして心配したり、J-FRIENDSの活動もしていたので今回もとても心配していると。

彼女の口からJ-FRIENDSの名前が出たのにびっくり。

それから、このままじゃ納得しないでしょうから、光一からも挨拶があります
と言って彼女は下がり、光ちゃんが黒ジャージで登場。

地震で吊り物と呼ばれる道具がみんな外れたりしてスタッフは徹夜で直してくれ、スタッフ、キャスト全員いつも以上にやる気でいたのだけど、直前になって中止が決定されたのだとか。

淡々と話す中にもとても残念な、悔しそうな様子が見てとれました。
また、この震災で光ちゃんの東北の方にいる親戚とも連絡か取れていないと。
被災地や私達お客さんの心配もしながら話す言葉はとても誠実でした。

暫く一人で説明と謝罪をして、そのあと幕を上げるとキャストたちがヒナ壇に整列していて、カッちゃんからも挨拶がありました。
カーテンコールのときのように礼をしながら幕は下り終了、と思ったら再びつー○さん登場。

今聞いたとこなんですけど、光一が皆さんをお見送りするそうですので、準備が整うまで席でお待ちください、と。
突然の申し出だったようで、彼女も慌ててました。

そんなに待たずに1、2階ともA列から呼ばれ(私は2階席でした)、1階に下りて行くと、入口近くのロビーに光ちゃんが神妙な顔で一人一人に頭を下げながら握手してました(T_T)
決して感情的なものではなく、ただ淡々と。

握手に近づいたときの左斜め前から見た顔がとても印象深く、本当にキレイな子だなあ…と思ってたら握手は終わってました。

お互いがんばりましょう
と言ったら
ありがとうございます
って返してくれました。

お疲れのときのくっきり二重、乾いた少し冷たい手。
…同じ人間とは思えなかったです。

結局、残り全公演中止になりましたが、今思えば直接気持ちを伝えられて良かったなあと思います。
ありがとう、光ちゃん。

なんとなく気力を奪われていく毎日ですが、あの日のことを思い出してわたしにできることをやっていこうと思います。
posted by hopper at 13:17| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。